関税の計算方法は?


<関税の計算方法>

個人輸入の場合、関税を計算する際は商品価格の60%が基準となります。

つまり、「商品価格×60%」が課税対象なので、関税の計算は以下となります。

 

商品価格×60%×(関税率+消費税率)+通関手数料

 

※つまり、商品価格16,666円以下なら税金がかかりません。

また、課税対象額が1万円以下なら関税と消費税の支払いを免除されます。

例外:皮革製バッグ、革製手袋、履物、革靴、編物製衣類(Tシャツ、セーター等) 等

なお、1つの荷物が1万円以下でも複数個購入し、合計が1万円を超えれば課税対象となります。

 

<通関手数料の計算方法>

荷物が税関で課税の対象になった場合、荷物1つにつき200〜500円の通関手数料がかかります。

関税が無税の場合はかかりません。

 

<消費税の計算方法>

海外での購入でも、日本の消費税として8%がかかり、消費税は16,666円以上であれば、

商品の種類に関係なくかかります。

なお、関税率が0% (無税)の場合は消費税のみ課金されます。

 

 
Chuck Norris has counted to infinity. Twice.